再び流行っている性病|男性器が曲がってしまう湾曲ペニスの原因と解決方法
レディ

男性器が曲がってしまう湾曲ペニスの原因と解決方法

再び流行っている性病

女医

恐ろしい病として一昔前に知られていたのが梅毒です。梅毒は不治の病として多くの人を死に至らしめた病ですが、現在はペニシリンを用いた治療法が確立されているため治せます。しかし、近年再び梅毒が流行っています。梅毒はあらゆる性行為で感染し、口内に病変部位があればキスでも移ります。検査で早期発見すれば完治しますが、放っておけばそのまま治ることはありません。症状は潜伏期間があるため、いくつかあるサインを見逃してしまったら進行を食い止めることができません。その症状を見ていきましょう。梅毒はトレポネーマ菌に感染することで発症します。感染経路は皮膚や粘膜であり、小さな傷口から入ってきます。初期症状として感染後3週間辺りから感染部位に見られるのが、軟骨の硬さ程度・小豆大のしこりです。感染部位としては、性器や口、肛門や手指があります。加えてリンパ節の腫れが見られるでしょう。太ももの付け根あたりです。しかしこれらの症状に気付かず放っておくと、2~3週間程で消えます。感染後3ヶ月程で体の中心線に当たる部位を中心に、顔や手足にピンク色のあざ、小豆からえんどう豆くらいの大きさの赤褐色のブツブツが出ます。時同じくして脱毛症状も現れるため、感染に気が付きやすくなるでしょう。この時点で梅毒の検査を受ければ、適切な治療ができます。検査と治療法のある現在ではほとんど見られない第3期や第4期まで進むと、皮下組織に大きめのしこりが見られ、神経や心臓などに思い障害が出てくるので危険です。愛する人との性行為を大事にしたいという人は、しっかり梅毒の検査を受けましょう。